きょうだい。

昨日、横浜「quest」で行われた「dance-AHO-lic」に行ってきました。
東日本大震災の為の募金活動もかねてということなので、喜んで参加させてもらいました。

既にアラサーと呼ばれる世代になったわが妹、ひーこ。
どういうことか、二十代後半辺りからHIPHOPダンスに目覚め、踊りまくる毎日。

昔から致命的に体が硬いというハンデを背負いながらも練習に練習を重ね、
初めて彼女が踊る姿を見たのがちょうど一年前。

がちがちに緊張しながら、こわばった顔をしながらもオカンと私を見つけた時、
笑いながら全身で楽しさを見せ付けてくれたのでした。



こいつすごいなって思いました。
われながら妹バカですが。

普段から実家のことも任せっぱなしで、ほとんど何もしてやれないのに、
本気で言いますが、世界でこんないい妹はどこいったっていません。

私には残念ながら、彼女が夢中になっているようなものは何一つ持ってなくて、
それに負い目を感じながら毎日過ごしています。

でも損得勘定なしに、ただ楽しい、ただ踊りたいという気持ちが伝わってきて、
途方もないパワーをもらいました。

もちろん、ひーこだけでなく、仲間達のパフォーマンスにも。
すばらしいダンスとまっすぐ突き刺さってくるLYRICと、そして私の大好きな
Marvin Gayeの"What's going on"の見事なハモリを聞かせてくれた
アーティスト達。

これからも応援しております。
そして、わが妹にはこれからもがんばって欲しいなと思う姉なのでした。

人の裏側に思い至れ。

昨日、久々に真剣に人と話す機会があった。
考えながらことばを伝えるって言うことは、
本当楽しいし大事なことだと思う。

やっぱりひとっていろいろとありますよね。

目の前にいるひとを見て分かったような気になってしまったり、
自分がこうだったからって決めつけてみたり、
必要悪だと言って、選別もせずにドカンと爆弾発言してみたり。

自分にも充分当てはまることかと。

気をつけなくてはいけないな。

少なくとも、人の話をまず聞いてから判断する人でありたい。

ぺんぎんにだって、色々あるんです。

ペタペタ。

キミ、わざとやってるね?

れんしゅうちゅう。