今年をひとことであらわすと?

今年をひとことであらわすと?

逆転
 

てすと


てすと

ブログの書き方

ブログの書き方がよく分からないので、1日も更新を欠かしたことがないという上司に聞いたら、
「書くことがない時はそう書けばいい」
と言われたので、あーそんなもんなのかもと思った。

そんなもんなんだけど、かと言って無理して書くこともないんだよな。

さて、何を書こう。

曲解されないよう言葉を選ぶってなかなか大変。

考えているうちに疲れてきたのでまた今度。

とりあえず、今から大船に向かいます。
大船いいとこ一度はおいで。

スカイツリーにいきました

12分だけ宇宙に行ってきた。

もともと、自分の理解の外にあるものについては、考えていると疲れてしまうので、
あまり興味を持たなかったんだけど、これはすごそうだということで行ってきた。

spaceball
 360度、頭上から足元まで映し出されるというプラネタリウム。

見る前からかなり楽しみでした。

東京国際フォーラムの展示エリアに着くと大きな白い球体が。

上映時間は12分と割りと短め。
いったんチェックインしたら、整理番号入りのプレートをもらって解散。
番号順に入場して席に座るので、できれば1-7番ぐらいをゲットしたいところ。
最前列に行くと本当に宇宙に浮いてる感覚で見られると思う。

私と友人は残念ながら8-9番で二列目。
それでも十分楽しめた。

座席から手すりまで透明なアクリル製の板でできていて、足元にも宇宙空間がくっきり。

ボイジャー1号の軌道を追いかけて太陽系の星を順番に見たあとは、
有名なところのオリオン座大星雲やそのほかの星雲の中を突っ切っていく。

これが本当にすごい。
視界が全部宇宙なので、このまま飛んでいくんじゃないかと思ったぐらい。
上を見ても下を見ても満天の星空。

宇宙って冷たくて孤独な感じがする場所なんだろうなぁと思ったんですが、
逆にこんなでかいところの片隅になんで生きていられるのかと感動した。

友人がうちらは地球を中心に考えてるけど、本当は違うんだろうねぇと、
本当にそうだなぁ。しみじみ。

でも12分はみじかい!
1時間ぐらい見ていたかった…。

ガッチリ宇宙食も買いました。

アイスクリームと。


YOHKAN
パッケージは実際の宇宙食に使われているらしいです。
(普通の羊羹だった)

宇宙ってすげぇな!!

というお話でした。